業務用ローションの小分けタイプ 6つのメリット

  • 多すぎて使い切れない
  • 大きすぎて置く場所がない
  • ちょっとだけ試したいのに量が多い

そんな理由で品質の良い業務用ローションを諦めるなんて勿体無い!

大容量の業務用ローションはプロ仕様の高品質と価格の安さでコストパフォーマンスは抜群!
でも上記の様な理由で購入を諦めたお客様も多いはず。

20Lの業務用ローションはソープランドやマットヘルスなら十分に使い切れる量ですが、小規模なデリヘル店様や、個人のお客様には持て余すほどの容量です。

トイズファンでは業務用ローションの品質はそのままに、デリヘルや個人のお客様にもお買い求め頂きやすい小分けサイズの業務用ローションも各種ご用意!

ソープランドやマットヘルスじゃなくても業務用ローションは使いたい!
そんなお客様におすすめです!

業務用ローション専門店。17時まで即日出荷!(休業日除く)風俗店様はもちろん個人様も大歓迎!ラブローションを激安価格で購入するならトイズファン。1万円以上で送料無料。

業務用ローション小分けタイプのメリット

  • 使い切れる量を選べる
  • プロ仕様の高品質を手軽に試せる
  • 置き場所に困らない
  • 小分けしなくてもそのまま使える
  • 小分けしなくても持ち運びできる
  • アダルトグッズのローションより安い

以上が私の考える、小分けタイプの業務用ローションのメリットです。
量が少なくて試しやすい、という以外にも色々あるんです!

それでは早速一つずつ解説していきます。

使い切れる量を選べる

これが小分けローションを購入する最大の目的かと思われます。

20Lとかの業務用ローションだと使い切れるかどうか心配ですよね?
使用期限が3~4年あるとはいえ、あくまでも未開封での期限。
開封した後は半年くらいで使い切りたい所ですが、個人様や小規模なデリヘル店様には難しい量です。

小分けローションなら120ml、360mlのボトルタイプや、20mlの使い切りタイプもあり、目的に応じた容量をお選び頂くことが可能です。

使い切れずに泣く泣く廃棄処分・・・
という業務用品の宿命を免れることができます。

プロ仕様の高品質を手軽に試せる

業務用=安いというイメージは当然有りますが、決して低品質ということではありません。
当店の業務用ローションは国産高品質が自慢!

有名ソープランドチェーンや人気のマットヘルス店でも実際にお使い頂いているプロ仕様の本格ローションです。

どこで製造されているか分からない一般向けのアダルトグッズの下手なローションよりよっぽど品質が良いです。

置き場所に困らない

これも大きなメリットです。
20Lのキュービーテナーは30cm四方の立方体。
重さも20kgあり、しかも使い切るまでに時間もかかるのでかなり邪魔です(笑)

小分けローションならそんな心配は無用!
引き出しやカバンの中、どこでも置いておくことが可能です。

小分けしなくてもそのまま使える

業務用ローションはハチミツ容器への小分けが面倒!!
小分けタイプならそんな手間も一切不要!
届いたままの状態でフタを開ければすぐに使用可能です。

小分けしなくても持ち運びできる

これはデリヘル店様には大きなメリットです。
小分けタイプは持ち運びも簡単。
バッグに入れておけばいつでもどこでもヌルっとできます!

アダルトグッズのローションより安い

一般向けのローションと同じようなサイズでの販売になりますが、より低価格なのも重要なポイント!
どうせ小分けローションを購入するなら業務用がお買い得です!
もちろん品質も良いので安心してご使用頂けます。

業務用ローション小分けタイプのデメリット

  • 大容量に比べると割高

ここまでたくさんメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。
それはやはりコストパフォーマンスの悪さです。

コストを最優先される場合にはあまりおすすめできないかもしれません。

当然ですが20Lの大容量に比べると割高になってしまいます。
容器代はもちろん、小分けにかかるコストが含まれてしまうので致し方ありません。

ただ、あくまでも大容量と比べると割高ということで、一般向けのアダルトグッズのローションよりは圧倒的に安価です。
かと言って品質が粗悪なわけではなく、プロの現場で活躍する国産の業務用ローションなので、むしろ品質でも勝っている自信があります。

まとめ

大容量に比べると割高

というデメリットさえ受容することが可能なら、小分けの業務用ローションはおすすめです!

業務用ローション専門店。17時まで即日出荷!(休業日除く)風俗店様はもちろん個人様も大歓迎!ラブローションを激安価格で購入するならトイズファン。1万円以上で送料無料。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする